保育が必要な人のところへ届ける保育士

さな日記
さな日記
ブログ形式でご紹介します
RSS

◆産前産後ケアのお仕事◆

カテゴリ : さな保育
保育は子どもだけでなく

子どもにかかわる大人へのケアの重要性も痛感します。


子どもたちの一番身近にいる大人が笑っていないと


子どもたちも笑えないからです。


妊娠出産する女性…


よく耳にするイメージは妊娠中は安静に

夫や家族の立ち会い出産etc.

でも、いろんな事情でそれが無理な人たちもいる。

産前産後、身内やまわりの人に頼れない。

それなら、私が行きます。


第2子出産のお母さん

私が病院で上のお子さんの保育、お母さん無事出産された時もありました。

保育の場所が決まってたらできなかったけど

保育はどんな場所でもどんな状況でも…できる
私がいつも声を大にして言うのは、こういう経験も伴います。

本当に大変な状況の人たちは

子どもを預ける場所に、子どもを連れていくことができないのです。

だから、私が行きます。


血も繋がってなく、たまたまのご縁ですが

私は、あの日を一生忘れません。
産後が大変です。

産後1ヶ月は布団をあげず、赤ちゃんとゆっくり過ごせ…

る環境があれば、それにこしたことないのですが
私にSOS出されてる訳ですから

普通のことが、非常に厳しいのです。


料理、洗濯、掃除、赤ちゃんの沐浴、送迎、お母さんとの会話etc.

いろんな角度からのケアができます。

1~2時間行くだけでも、お母さんの不安そうな表情が明るくなります。

でも、一人になるときっとまた不安になる。

まわりの人が幸せそうに見える時だってある。


産後のナイーブになりやすい時期に一人だったら、そうなって当たり前。

その繰り返し…なので


産後のケアは1ヶ月では終わりません。

ずっと行きます。


少しずつ…さな保育のお仕事を記録しておこうと思ったのは



私の文章をみて元気になるよと言ってくださる人がいるからです。


みてくれてる人がいる


それが私の原動力です。


2019-06-23 19:54:33 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください