保育が必要な人のところへ届ける保育士

さな日記
さな日記
ブログ形式でご紹介します
RSS

◆発達障がいは個性ですか◆

カテゴリ : さな保育
先週「弱さを光に」というテーマで
親御さんだけでなく、そう診断された御本人、学校の先生、薬剤師さん、いろんな分野を学ばれておられる方、保育士さん…

皆さんにお伝えした
私の経験の中での想いを残しておきます。

「発達障がいは個性」というコトバが一人歩きしている気がします。
その個性の為、その人が生き辛くなっていても、そう言えるのかな。

◆まわりの理解と支援で「個性」になるかもしれない◆
そう思うようになりました。

「個性」ってコトバ自体が曖昧で…
私が当事者だったら、そんな風に言われても納得なんてできない。

「障がいを受け入れて」って言われて
心から受け入れること、コトバではそう言えても。
受け入れることできない、が心の声だと私は思います。
でも、向き合いたいって思う時がくるかもしれない。

我が子を想う気持ち、自分を想う気持ち、人を想う気持ちは
コトバで納得できたら楽だけど

そんな浅いものではないと、思うのです。

人が生きやすくなる為に、何ができるかな。
結局、そこに返ります。

生きにくいと感じていたら
SOSを出してくれたら、その人にはなれませんが…寄り添いたい。
一人ひとりにとって、そんな存在ほど心強いものは無い。
私もピンチの時は、SOSを出せばいいのか!って

シンプルな想いになります。

寄り添いたいと言う自分もおこがましい…
いろんな状況の方たちとかかわる中で、そう感じる時もあったけど
誰も寄り添えなかった結果、命が消えた時もある。
後悔しか残りません。

発達障がいは、見えにくいです。
まわりの無理解により、不登校・非行・神経症・ひきこもり・鬱etc.
その次の障がいに繋がるケースも大きい。

学校の先生が
教育現場の予算や制度や現状に縛られ…想いだけでは難しい面があること。
率直に伝えてくださり、痛感します。

絵本「たっちゃんぼくがきらいなの~たっちゃんは自閉症~」
私は保育士になってからずっと
子どもにも、大人にもこの絵本を読み聞かせしています。
私がコトバにできない想いをいつも届けてくれるからです。

一人ひとりが少しでも生きやすくなれたらいいな!
統合保育の中で、弱さを抱える子たちに対して、その弱さにとって伝わりやすい保育内容(マカトンサイン・次の行動をカードや写真、実物を見せて伝えるetc.)

それらも少し紹介しました。
2019-04-01 14:34:30

◆内面(心)が育つとコトバが出る◆

カテゴリ : さな保育
長年の統合保育の中で、経験しました。今も、そう信じて保育しています。

2歳児クラスで「発達遅滞」と診断された
原因わからないけど、言葉が出ない男の子の担任をしていました。
その時話す内容は、喃語程度のものでした。

不思議なもので、コトバの有無は関係なく
子どもたちのあそびは、その子の経験を広げる内容
(それが、五感に刺激を与えるあそび・昔ながらのあそびでした)
にするだけで、あそび込めました。

医療機関とも手を繋ぎ、月に一回
お母さんと私で、発達診断とカウンセリングへ。
年長クラスになる頃、3歳児程度の言葉のやりとりができるようになりました。

彼は
運動面の発達もゆっくりでしたが…
この保育内容やお母さんの「経験を広げてあげたい想いとかかわり」
によって、脳を使う
 
2019-04-01 14:33:19

◆泣くことは、コトバのはじまり◆

カテゴリ : さな保育
まだコトバを話せない赤ちゃん
コトバだけでは伝えきれない乳幼児とのかかわりの中で
子どもの「泣き」に参っておられる大人の姿をよく目にします。

我が子が泣いている様子を見て
心配だったり不安だったり泣き止ませなきゃ!と
がんばる大人の気持ちも、よくよくわかります。
人に見られてる時ほど、焦って、余計にそうなる気がします。

でも、泣き止ませようとすればするほど
悪循環に陥る経験をされるお母さんも少なくないのでは

大人は感情をコトバで伝えることができます。
でも、まだ話す機能が未熟な子どもたちにとって
「泣くこと」は感情を伝える手段でもあります。

暑い、寒い、お腹すいた、眠い、イライラ、気持ち悪い…etc.

心地好い感情の時は
穏やかな状態で、笑みや声(喃語)も出ます。
「泣きの原因」を取り除いてあげると、穏やかになる
小さいながらに、一生懸命コミュニケーションをとろうとしています。

コミュニケーションが
人間だけにある「本能」だとしたら

言葉が話せる人間の出発点は「泣くこと」や「笑うこと」
見えない内面を訴えることが、コトバのはじまりだと思うのです。

赤ちゃんが口元に何かくると、吸おうとするのは反射のひとつです。
そういうことも、すべてコトバ(発音)に繋がっていると思うと
「泣き」も必要なことと捉えることができます。

(
子どもの発達を学び、以前書いた「後退も成長と捉える」
自分の保育の軸がみえてから、子どもの泣きにビビらなくなりました(^-^;))


2019-04-01 14:32:24

前へ 1 2 3 4 5